お問い合わせ

ワーキングホリデー:提案 ただのワーホリではつまらない

ワーホリはできることがたくさんある!

 

国際交流ー 発達障害の集い、聴覚障害の集い参加。

大学聴講生体験ー 興味ある学部の聴講生・皆様の体調を考慮し聴講時間は相談に応じます。

海外の大学は日本の大学と規模が違います。興味ある人は、歴史ある著名な大学の視察にお連れします。

障害者の家庭訪問ー 障害者の家庭はどんな様子か?どんな生活なのか?どのようなポリシーをもっているのか?  

オーストラリアの有名人と話すー どのように障害を克服したのか?ボートレース選手、ニュースプロデューサー、俳優、パラリンピック選手の人達と貴重な出会い  

ボクシング、ブラジリアン柔術 −ボクシングやブラジリアン柔術を見学体験する。

病院・施設の視察・ボランティア体験− 興味ある分野、日本での就職に関連した分野の短期ボランティア体験。

ジャニティからの特典ー おいしいレストランにお連れしてランチを楽しみます。

オーストラリアでワーキングホリデー:ワーホリ

オーストラリアはおおらかな国。発達障害や持病、症候群の皆様が異国で仕事を得る、インターンシップやボランティアをするチャンスを得るということは、皆様が思う以上に困難なのです。当社ではお客様ひとりひとりのご希望をよくお聞きしたうえで、受け入れ先企業や会社、施設、機関と交渉しております。セカンドビザを申請すれば2年間滞在できます。移住希望者のご相談にものります。

ワーホリ参加までの流れ

お問合せフォームから留学までどの国を希望され、ビザの延長を希望なのか、どのようなスキルを持って帰りたいのか、移住希望であるのか、海外研修視察の情報を帰国後どのように活かしたいのか概要をお知らせください。

コンサルテーションとお見積り皆様の健康状態や障害、症候群、病気の状態を把握させていただきます。同時に海外留学のお見積りをお渡しします。必要であれば弊社オフィスへお越しください。ご納得いただけましたら登録料をお支払いいただきまして詳細なお手続きに入ります。

必要書類を提出していただきプログラミングしていきます。ジャニティの方法論のひとつである目標達成に必要な行動の棚卸、繰り返し問いかけから自発的な選択肢をひきだすコーチングをプログラムいたします。留学スタートまで相談、交渉、質問、特別なプログラムのアレンジ等多数業務があります。その為お早目にご登録をお願いしております。

オーストラリアでワーホリオーストラリアワーホリはシドニーへ到着していただきます。シドニー国際空港へは現地日本人スタッフがお迎えにあがります。銀行口座の開設、携帯電話の契約、税金の申告お手続きなどを現地オフィスでオリエンテーションいたします。シドニ―の交通網や生活についてもその際お知らせいたします。そしてオリエンテーション終了後はホテルまでお連れします。

ワーホリ 農作業で延長ビザ現地で就職活動開始に入ります。ジャニティでは就職活動のお手伝いもしております。セカンドビザを取得希望者にはファームもご案内しております。 国内線チケットの購入等お手伝いしておりますのでご安心ください。

ワーキングホリデー リンゴの収穫ファームでの新しい環境に慣れるこ頃には88日間が終わります。他の留学生と野菜や果物を収穫する。そこで知り合った友達と一緒にシドニーやブリスベンへ行くお客様もいらっしゃいます。

ワーキングホリデー 就活セカンドビザ申請も無事終わりシドニーでアパートを決める。友達とシェアをして住む。みんなと楽しい日々をすごします。就活のための英文履歴書作成等の作成をお手伝いしており皆様のお仕事を決めております。

ワーキングホリデーの期間に4か月間スクールへ通うことが許されています。英語の勉強に語学学校へ行く人もいればオーズラン、オーストラリアの手話を習う人もいらっしゃいます。あるいは専門分野のスキルを磨く方もおります。 

パーティ―に参加・障害者の家庭訪問・大学聴講生・研修と視察 

ワーキングホリデーでその国に1年間滞在している間に日本へ帰国した後のお仕事についても怠りなく準備しましょう。

@ ワーホリ志願者 坂口 愛様の場合: 日本でのお仕事は保母さんです。ワーホリで海外滞在中、子供の施設を見学し、ボランティア体験を通して海外と日本の子供への接し方の違いを学んだ。 愛さまは日本帰国後、面接で面接官に大変興味をもたれ、以前よりも条件のよい保育園に就職できまました。

A ワーホリ志願者 浅野 美香様の場合:日本でのお仕事は障害者の施設で介護関係でした。海外ワーホリ滞在期間に介護施設を視察しました。その国の障害者への福祉や人権について調査をしました。帰国後の就活では履歴書に記載する項目が増えました。いくつかの施設を志願しましたが第一希望に就職が決まりました。