お問い合わせ

思いでがたくさん詰まっているハワイ

青森県在住の60代館山 明子様、夫との思い出の地で、アメリカ本土に住んでいるお嬢様と念願の再会、ご縁のあるハワイでアメリカ手話猛勉強の日々!2016年9月

ハワイで娘と会う

Qご自身でテキストブックでお勉強するアメリカ手話と実際にアメリカ人から習うアメリカ手話との違いなどは、どのように感じましたか? 

アメリカ手話の先生はハワイの方で、アメリカ手話にハワイ手話が混ざるので、楽しかったですよ。 実際に現地で指導を受けることは、スポーツを観るだけと、自分がそのスポーツをする事ほどの、違いがあると思います。

Qスクールの雰囲気はいかがでしたか? 

聴力障害者の方々が、気軽に立ち寄って、持参したお昼御飯を食べたり、お喋りしたり、とてもアットホームな感じでした。勿論、お仕事や相談事の対応も、個室で行われていました。毎週、若い人たちの集まりや、年配の方の集まりが定期的あり、年配の方は、今はクリスマスカードを作っていて、私も紹介され、お話の輪に入れて頂きました。

Q.ホストファミリーとはどのようなことを楽しみましたか?他にも滞在している人がいたのでしょうか? 

ホストマザーは、私の娘と同じ位の若い方でしたから、あちらも、お母さんという感じでいたと思います。ただ、到着後、飛行機から体調がすぐれず、お粥をご馳走になる羽目になり、迷惑をかけた事がありました。とてもいろいろ気に掛けてくれる気さくで良いかたです。毎日レッスンとホームスタディーの日々でしたので、ホストマザーやルームメイトとはショッピングに連れてって頂きました。私も犬好きなので飼っている二匹の犬と戯れたり美術の先生であるルームメイトやマザーと携帯の翻訳アプリでコミュニケーションをとるのがもっぱらの楽しみでした。

Q.観光はどこへいかれましたか? なにがおいしかったですか? お土産は何を買いましたか?

観光は、娘とカイアル、ラニアケア・ビーチ、ダイヤモンドヘッドや、ショッピングセンターなどで、お土産は、ほとんどABCマートで間に合いました。アカダミアナッツソースのパンケーキが美味しかったですね。

Q.アメリカ手話を頑張って習得していきその先の将来の夢を教えてください。

Aアメリカ手話とハワイ手話を、日本手話が地域で表現や単語が違うように、先生とのコミュニケーションで文化としても様々な事を学びました。本当に、金額以上の体験をさせて頂いたと、感謝いたします。 今後は、少なくとも、日本を訪れる聴覚障害の方々と、仕事でなくてもコミュニケーションできる様な場に出入りしたいな、というのが今の希望です。

一つの問い合わせから

問い合わせから

2月にお問合せメールがありました。とにかく頑張り屋の館山明子さま、「ハワイで観光は二の次ホストファミリーのお宅で猛勉強するつもりです」とのこと。感音性難聴三級、補聴器使用で、会話、電話可能とのこと。日本手話も日常会話程度は出来ます。 精神保健福祉士の資格があります。「留学が可能なら休暇を取り行きたいと思っています。ライフワークとして聴覚障害のサポートに何らかの形で関わっていくつもりです。9月を選んだのは飛行機代が安いみたいですし。ハワイを選んだのは主人との思い出があること、アメリカ本土に住む娘が強く勧めるためです。」 

ジャニティさんありがとう

いろいろお世話になりありがとうございます。 少ない予算内で、工夫して頂き心から感謝いたします。 もう少し若ければ、もっと積極的な希望も持てるのかな、と思いますが、この歳でガムシャラに行動するのはNGですね。
亡き主人と登ったダイヤモンドヘッドに、写真を持って旅行最後の日に娘と一緒に登りました。良い思い出になりました。