お問い合わせ

アメリカ手話と世界の手話

手話の教育は1760年頃にフランスでキリスト教神父ド・レぺという人が始めたことが起源です。 それが1878年ごろ日本にも広まり、日本の聾唖の人々の教育の発展、知識や知恵を深めて いくきっかけになりました。

 

世界では

今世界ではアメリカ手話が英語と同じく世界共通の言語になってきています。
ジェスチューノ:Gestunoと呼ばれる世界共通の手話がありますが、国際手話と現在では呼ばれています。それはある一部の国際会議などで使用されるのみになり、おもにヨーロッパが主流です。世界の手話の中ではまず自国の手話、そしてアメリカサインランゲージ:ASL アメリカ手話、そして国際手話という順に親しまれ、使用されています。現在はInternational Sign:国際手話という呼び名が親しまれています。手話を使って新しい自分発見の旅ができます。

世界の手話

手話は聴覚障害のある人達だけではなく、一般の人達にも人気のある言葉・コミュニケーションです。 それは日本だけでなく、アメリカでも同じです。アメリカではアメリカ手話の資格をとり、手話の仕事をしたいという人達がたくさんいます。手話は世界中で人気のある一つの言葉です。 皆様になじみのある言葉は下記のようです。 アメリカ手話:American Sign Language オーストラリア手話:Auslan:Australian Sign Language   イギリス手話:British Sign Language これらは英語が母体となった手話になります。カナダではアメリカ手話が主流です。 American Sign Language (ASL) is the predominant sign language of deaf communities in the United States and most of anglophone Canada. Besides North America, dialects of ASL and ASL-based creoles are used in many countries around the world, including much of West Africa and parts of Southeast Asia. 上記の記載にあるように、アフリカの西側と南アジアでもアメリカ手話は使用されているようです。

 

 

 

 

確かな未来を築く

オーストラリア手話・オーズラン

世界を広げる

オーストラリア手話・オーズラン

障害者進学就職支援

口話と読話のスペシャルレッスン

障害者進学就職支援

障害者社会検定

就職活動を成功させる

障害者社会検定

海外大学留学ショートコース

ショートコースでアメリカ手話を学びたい!

海外大学留学ショートコース

海外大学進学・アメリカ手話で学位取得

4年間学び、就職も海外でトライしてみたい!

海外大学進学・アメリカ手話で学位取得

お知らせ

お知らせ

2017年はハワイとオーストラリアへ出発のお客様でにぎわっております研修留学、ファーム留学、語学留学、美 容関係留学、バリスタ、マッサージ 資格 取得等いろいろなプログラムをご用意しております。ご連絡お待ちしております

編集部より編集部より「欧米・アジア社会」の「障害」や「福祉」関連ニュースを皆様にお届けしています

   Backnumberはこちら→

・2017年4月

アメリカ手話と世界の手話

・2017年3月

アメリカ手話で話す

・2017年2月

ハワイの名所とバスご案内

・2017年1月

ハワイの名所とバスご案内