アメリカ手話海外旅行海外留学生活をする

聴覚障がいのある皆様の旅行

アメリカ手話での海外生活プランにはさまざまなすごし方があります。
初めて行く海外と何度も行っている街では望む事も違うでしょう。
皆様のご希望をじっくりとお聞きし、ご一緒にプランを練っていきましょう。

すぐに役立つシンプルASL:アメリカ手話

アメリカン・サインランゲージを学ぼう

まずは簡単な手話で会話ができればよいのです。
海外で役立つASL:
アメリカ手話簡単に学ぼう!

アメリカ手話がじっくり学べるCD付き
なので安心して学べます。
アメリカン・サインランゲージを学ぼう

アメリカ手話の資格をとる

アメリカ手話検定とアメリカ手話資格

5月半ばにロンドンに行ってまいりました。

寒いかと思い衣類を大目に持っていきましたが、お天気の日は半そでの人もいて、でも東京よりは少し肌寒い陽気でした。イギリスの気候について聞いていたよりも、天気はそんなに悪くなく、一日のうち小雨の降るとき以外は、案外晴れ間もおおく、青空の下いろいろと行動できました。しかしロンドンの地下鉄には迷ってしまい(笑)マップを持っていたのですが、行ったり来たり、長いエスカレーターを何度も上り下り、、幸い駅員さんが親切で、周りの人たちも教えてくれて、やっとのこと目的地にたどり着くという感じでした。慣れてしまえば大都会の東京の地下鉄やJRなど電車の網よりはずっと簡単なのです。

ロンドンはニューヨークよりも圧倒的にアジア人が少なく、白人が大多数を占め、ニューヨークのような人種のるつぼというよりは、ロンドンはもっとコンサバティブな感じがいたします。古き良き伝統がまだ人々の中に残っている感じがいたします。現代的というよりは古風という言い方があっているのかと思います。

レストランはたくさんあって日本食、お寿司、蕎麦もあり、各国のお料理もあり、もう、一昔前のロンドンではありません。ニューヨークのように雑多な移民の世界というよりも、中近東からの人たちとインドからの人たちが移民の人たちの中では多い感じがいたします。 

イギリスの評判どおり、マンションなどの庭の手入れはほんとうによくされていて、きれいなお花や植物を楽しんでいる様子がうかがえます。途中立ち寄った教会の中庭の様子が上のお写真です。私が観光をしたところはシャーロックホームズ館です。実際に存在しない人物とはいえ、なかなか映画や本では印象にのこるストーリがたくさんあります。駅はあの有名な「ブリーカーストリート」を降りて歩いてすぐのところです。ロンドンの良いところは各駅にガイドがいていろいろと教えてくれます。館内は小さいのですが調度品、その当時の生活用品など、なかなか見どころがあり、ろう人形も迫力があります。地元のロンドンっ子は実在しない「シャーロックホームズ」に熱を上げている観光客をいささか冷ややかな目でみているようですが、、、やっぱりイギリス・ロンドンは歴史のある魅力的な街でした。来月はロンドンでイギリス手話やデフ社会についてインタビューをした内容をお知らせいたします。皆様にもぜひ当社独自のプログラム「ロンドン研修」を楽しんでいただけたらと思います。

 

>バックナンバー

アメリカ手話世界の手話情報

スペシャル留学

スキルを磨き仕事にいかす!

海外大学進学・アメリカ手話で学位取得

海外大学で4年間アメリカ手話を学び、就職も海外で!