アメリカ手話海外旅行海外留学生活をする

聴覚障がいのある皆様の旅行

アメリカ手話での海外生活プランにはさまざまなすごし方があります。
初めて行く海外と何度も行っている街では望む事も違うでしょう。
皆様のご希望をじっくりとお聞きし、ご一緒にプランを練っていきましょう。

すぐに役立つシンプルASL:アメリカ手話

アメリカン・サインランゲージを学ぼう

まずは簡単な手話で会話ができればよいのです。
海外で役立つASL:
アメリカ手話簡単に学ぼう!

アメリカ手話がじっくり学べるCD付き
なので安心して学べます。
アメリカン・サインランゲージを学ぼう

アメリカ手話の資格をとる

アメリカ手話検定とアメリカ手話資格

英語ではDisablittyというが、日本語表記が近年変化してきています。以前は障害者と記載したけれども、現在では「害」という文字をひらがなの「がい」ということばに置き換える動きがでてきています。あるいは「障礙者」や「障碍者」とも表記する場合がありますが。当社では「障がい者」と記載するようにしております。18才未満は「障がい児」となります。n

法律の「障がい」という定義は、「身体障がい」、「知的障がい」、「精神障がい」、「発達障がい」を含みます。

では、「ハンデキャップ」とはなんでしょう? 

日常生活における根本的な動作ができないことをハンデキャップと言います。たとえば食事や排泄が自分できないことです。ですが、耳は聞こえないけれども学校に行く、仕事に行く、日常生活がほぼ自分でできる、こういった状態は障がいを持っていると言えます。がハンデキャップは持っていないと言えます。

障がい者より抜粋

>バックナンバーに戻る

アメリカ手話世界の手話情報

スペシャル留学

スキルを磨き仕事にいかす!