アメリカ手話海外旅行海外留学生活をする

聴覚障がいのある皆様の旅行

アメリカ手話での海外生活プランにはさまざまなすごし方があります。
初めて行く海外と何度も行っている街では望む事も違うでしょう。
皆様のご希望をじっくりとお聞きし、ご一緒にプランを練っていきましょう。

すぐに役立つシンプルASL:アメリカ手話

アメリカン・サインランゲージを学ぼう

まずは簡単な手話で会話ができればよいのです。
海外で役立つASL:
アメリカ手話簡単に学ぼう!

アメリカ手話がじっくり学べるCD付き
なので安心して学べます。
アメリカン・サインランゲージを学ぼう

アメリカ手話の資格をとる

アメリカ手話検定とアメリカ手話資格

皆様から「手話通訳士になるにはどうしたよいですか?」という質問をいただきます。

アメリカ手話通訳士について少しお話しをします。

手話通訳士になると政府関係、医療、教育、音楽いろいろな場面で必要とされます。分野は多岐にわたり手話通訳士の資格をとったあとも、沢山の知識を必要とします。アメリカでは通訳士のポジションにもよりますが、年収は良い方です。高収入の通訳士はおよそ$50,000にもなります。

アメリカの通訳士の資格は日本でも活かされています。オリンピックの年には沢山の通訳が必要になるでしょうし、政府関係のもとで就職が可能です。通訳士になるためにはいくつかの方法と資格がありますが下記はその一部です。

他にもイギリス手話、オーストラリア手話も人気になってきています。

・日本では「短大」にあたる学校で2年間ASL資格コースを受講する

・4年生の大学を卒業して通訳士の資格を取る方法

当社がお勧めするアメリカ、イギリス、オーストラリアでDegreeを取得する近道コース!! 期間2年間

1.アメリカ手話、イギリス手話、オーストラリア手話に堪能でない人たちはまず1年間のベーシックコースを受講する

2.ベーシックコース終了後に Degree 2年間コースを受講します

*4年生大学よりも受講料が安いので受講しやすいです。

いずれにしてもこれらの学校へ入学して専門コースを受講する前に、ある程度のASLのスキルと英語力は要求されています。ローンのご相談も承ります。

 

>バックナンバーに戻る

アメリカ手話世界の手話情報

スペシャル留学

スキルを磨き仕事にいかす!